組織情報

主要農畜産物

東海道のほぼ中央に位置する静岡県は、南は駿河湾、北は南アルプス、東には富士山と自然豊かな場所にあります。また、南アルプスを源流とする流路延長168kmの大井川によってつくりだされた肥沃な大地“志太平野”を形成しています。 JA大井川は平成5年3月に6つのJA(岡部町、藤枝市、焼津市、大井川町、島田市、キタハイ)が合併して誕生しました。その名称は母なる大河に由来し、私たちに大いなる恵みをもたらすよう願いを込めて“大井川”と名付けられました。

お茶

数ある静岡茶のなかでも味・香りともに良質茶の産地として有名です。大井川をはじめとする清流の恵み、温暖な気候、山間地の水はけの良さなどがお茶にとって理想的な環境をつくりだしているだからともいわれています。産地の特長を活かした普通煎茶、深蒸し茶、玉露が製造されます。最近では、ウーロン茶や紅茶など発酵茶の製造も増えています。

花卉

バラや菊、トルコギキョウ、ガーベラなど多品目の花が栽培されています。JA大井川ではバケット流通やエチレンカット冷蔵庫、花卉専用トラックでの低温輸送により鮮度保持を図り、全国各地へ届けられます。

果樹林産

露地ミカンは藤枝市や岡部町、島田市などで、ハウスミカンは島田市神座を中心に栽培されています。JA大井川対米輸出みかん管理組合は全国で唯一アメリカへの輸出を行っています。この他にも中晩柑やイチジク、梅、タケノコなどの栽培も盛んに行われています。

野菜・果菜

トマトやレタス、イチゴなどの栽培が盛んに行われており、全国でも有数の販売額を誇っています。安全・安心・美味しいを合言葉に、性フェロモントラップや天敵利用による病害虫駆除や減農薬栽培に取り組んでいます。新鮮な状態で全国の消費者にと届けようと、真空冷却装置を採用し、長時間にわたり鮮度を保つよう輸送にも気を使っています。

畜産

肉牛を中心に、乳牛や肉豚などの飼養が行われています。静岡県のブランド「静岡そだち」はJA経済連に認定された黒毛和牛で肉質も良く人気があります。

水稲

あいちのかおりやコシヒカリの栽培がほとんどを占めます。大井川の恵みを受けた肥沃な志太平野ならではのおいしいお米が収穫されます。また、県内初の酒造好適米である酒米『誉富士』も栽培されており、県内の酒造メーカーで利用されています。