ふるさと散歩道 <川根本町>

地域の名所や史跡、自然を再発見!私たちの町にはこんなに素晴しいところがあります。

塩郷の吊橋

全長約200mの吊り橋

塩郷の吊橋

縁結びの里のシンボル「恋がねの鐘」

塩郷の吊橋

<川根本町下泉>

2019.5月号

塩郷の吊橋は大井川に架かる一番長い吊橋で、昭和6年に塩郷地区と久野脇地区を結ぶ生活道路として建設されました。現在では、吊橋の下をSLや電車が通る珍しいスポットとして連日賑わいを見せる人気の観光地です。久野脇地区に伝わる地名のもととなった恋の伝説から、平成14年度に町制40周年を記念し、愛称を「恋金橋」(こいがねばし)に決定しました。
吊橋を渡った先には、縁結びの里のシンボルとして「恋がねの鐘」が設置してあります。また、周辺には塩郷ダムや不動明王、八幡神社など散策できる場所が多数存在し、観光客を楽しませています。

MAPを表示

バックナンバー