おおいがわの収穫人

杉山滋寛さん・直美さん
杉山滋寛さん・直美さん

広報誌
“地域発!情報ステーション おおいがわ”
2015.4月号 掲載

売れるものより美味しいものを!

藤枝市岡部町
杉山滋寛さん・直美さん

独立起業を目指して家業のシイタケ栽培を継いだのが5年前。長年勤めた自動車関連会社を辞め就農しました。現在は 主に杉山さんと奥さんの2人で1万3千玉の菌床シイタケをビニールハウスで栽培しています。「売れるものより美味しいものを届けたい」という思いで、一年を通して「まんさいかん藤枝・焼津」に出荷しています。

杉山さんが作る自慢のシイタケは、地元の名前を付けた「玉取茸」と言う名前で藤枝市内外の有名飲食店などにも納品をしています。シェフや他の出荷者と話し合い、食のプロが求める食材に応えられるよう、大きさや傘の肉厚さなどを研究しながら栽培をしています。季節に応じて温度や湿度を調整し、冬の暖房に加え、周年で収穫できるよう夏にはエアコンをつけて温度調整をしています。

「農業には打ち込めるものがある」と話す杉山さん。会社員時代に培った、経費の削減や生産性の向上など農業にも生かせる部分が多いそうです。また、仲間にも恵まれ、出荷が少ないと、生産部会の人たちが心配して見にきてくれたり、助け合える事も農業の魅力だそうです。

4月頃には、肉厚でしっかりした歯ごたえが特徴の夏菌で作ったシイタケが、「まんさいかん」に並びます。杉山さんおススメの食べ方は「シイタケピザ」。足を取ったシイタケの内側にピザソースを塗り、ハムやバターをちぎって入れ、とろけるチーズでふたをしてオーブンで焼くだけ。簡単でおいしくできるので、この機会にぜひ作ってみてはいかがでしょう。

バックナンバー