おおいがわの収穫人

山田義信さん
山田義信さん

広報誌
“地域発!情報ステーション おおいがわ”
2016.9月号 掲載

土との相性にあった野菜作り

藤枝市北方
山田義信さん

 空芯菜やニンニク、ヤーコンなど多種多様な野菜を10㌃の畑で育てている山田義信さんは、介護の仕事をしながら農業に携わっています。10年以上前に「ヤーコン茶が健康にいい」ということをテレビで観たのがきっかけで、人に喜ばれるものを作ろうと農業を始めました。 山田さんは、土作りに3年もかけるほどこだわりをもっています。シイタケ栽培で不要になった菌床をもらい土の中に入れることで、土壌をふかふかにするだけでなく保水性も高めています。野菜と土には相性があり、その野菜にあった環境作りをするため土壌改良しています。 「水や肥料、日の当たり具合など、野菜が何を望んでいるのかを見分けるのが、畑の主人の役目」と話す山田さん。仕事へ行く前に畑へ寄り、葉に虫がついていないか確認し、仕事終わりには欠かさず水や肥料をまくなど手入れを行っています。日頃から安全・安心はもちろん、子どもを育てるような心掛けで、農薬を使用せず甘くておいしい空芯菜を栽培しています。 「まんさいかん藤枝」に初めて空芯菜を出荷したのが山田さんです。たくさんの人に知ってもらえるように店頭に空芯菜の説明とレシピのPOPを飾っています。ニンニク、塩コショウとごま油で炒めて食べたり、葉はみそ汁の具にするのが山田さんオススメの食べ方だそうです。簡単に作ることができるので、ぜひ「おらの畑」で作った空芯菜を食べてみてはいかがですか。

バックナンバー