おおいがわの収穫人

桑原充茂さん
桑原充茂さん

広報誌
“地域発!情報ステーション おおいがわ”
2018.10号 掲載

良いものだけを消費者へ

藤枝市仮宿
桑原充茂さん

カボチャやイチジク、キウイ、スイカ など様々なものを年間を通じて「まんさいかん藤枝」に出荷する桑原充茂さん。 カボチャは、5アールの畑で5月上旬に 定植して8月中旬まで収穫する作と、8 月下旬に定植して 11 月に収穫する2作に取り組みます。桑原さんが農業を始めた のは、 30 歳の時に父親が倒れたことが きっかけ。仕事の傍ら農作業に取り組ん できましたが、5年ほど前から農業に専 念するようになりました。 お客さんに地元で採れた良いものを食 べてもらおうと、こだわって栽培に取り組む桑原さん。カボチャを栽培する時 は、株間を1メートルあけ、畝幅を約4メートルとることで空気の通りがよくな り、病気も出にくくなるとのこと。また、 実がソフトボール程の大きさになったと きJAで取り扱う配合肥料「茶果菜特号」 を目一杯施します。化成成分も含まれて いて、じわじわ効果が出てくるのでツル の伸びも良く、良いカボチャが収穫でき るそうです。 「防除にはとにかく農薬!という考え 方がありますが、間隔をあけて空気の通りを良くすればある程度の病気は防げ る」と話す桑原さん。また、鳥害対策と して、キュウリを栽培する時に使うネットが効果てき面だそうです。桑原さんの 畑の近くにはカラスが集まる林がありますが、一度ネットにひっかかって怖い思いをしたカラスは、二度とその場所に近 づかないそうです。キュウリのネットを 再利用することでコストも抑えることが でき、一石二鳥だと話します。 桑原さんのカボチャは「まんさいかん」 でも好評で、出荷した分はその日のうち に完売、早いときには午前中のうちに完 売してしまいます。過去に糖度を測った ときは、13 度とスイカ並みの糖度があっ たそうです。「今後は、ビワにも挑戦し たい」と精力的に農業に取り組みます。

バックナンバー