採用情報

先輩職員の声

努力をしっかり評価してくれる。

マネーアドバイザー
増田 遥
(2014年入組 食品栄養科学部 食品生命科学科卒)

マネーアドバイザーとして、担当させていただいているお客様のところへ毎日バイクで訪問し、定期積金や定期貯金、年金などの金融商品の提案活動をしています。日頃のお客様への訪問で、「いつもありがとう」「増田さんが来てくれて助かったよ!」という感謝の言葉をいただけることが一番のやりがいとなっています。雨の日も風の日も外回りをするのは大変ですが、私のファンが増えてくれると思うとどんなことでも頑張れる気がします。私は2年目からマネーアドバイザーリーダーを任せてもらい、若い職員でも重要な仕事にチャレンジできる環境があるので、積極的に仕事に取り組むことができます。

育ててくれた地元に恩返し。

マネーアドバイザー
大下 直樹
(2015年入組 海洋学部 水産学科卒)

金融のマネーアドバイザーとして、お客様のところに直接伺い、金融商品のご提案やキャンペーンの紹介、年金手続きの適切なアドバイスをおこなっています。JAは地域に密着しているので、地域のイベントに参加したり、グランドゴルフ大会を企画するなどして普段からお客様とお顔を合わせることで、より円滑な営業活動ができています。 私はずっと地元で育ってきたので、地域に密着した仕事がしたいと思っていました。JAはそうした地域のお客様に常に寄り添う事業が多く、私も育ててくれた地域に恩返ししたいと思い、JAおおいがわを選びました。

はじめの一歩はお客様を知ることから。

マネーアドバイザー
北川 祥太
(2016年入組 生命環境学部 地域食物科学科卒)

5月からマネーアドバイザーとしてお客様のお宅を訪問し、キャンペーンの推進や集金活動をおこなっています。いきなりキャンペーンや金融商品などの話をしても契約はしていただけません。まずは自分の身の回りの話、日常のお話を伺うことを重ねることで、私たちの取り組みをしっかり理解していただけるように心がけています。私自身、地域のお客様の小さな困り事などを把握することができ、良い関係を築くことができています。 私の休日の過ごし方は、公私のスイッチをはっきりつけるために友人と県外へ遊びに出かけたりと外の刺激を受けるように心がけています。

お客様に気持ちよく利用していただきたい。

窓口係
徳谷 裕花
(2016年入組 外国語学部 英米語学科卒)

日頃は、窓口にいらっしゃったお客様の応対をしています。現金の入出金や、振り込み、定期貯金や定期積金の手続き、税金の支払いなど事務処理が主な業務です。窓口での業務内容は幅広く処理方法も様々で、お客様のニーズにあった商品を提供できるようお客様一人ひとりとの会話も丁寧に行うよう心がけています。お客様に気持ちよくご利用いただけるよう、笑顔と明るさをモットーに日々の窓口業務をおこなっています。笑顔でお客様に声をかけていただくこともあり、日頃のお客様とのやりとりが仕事の糧になることも多いです。職場の雰囲気はアットホームでありながら時には的確な指導をいただくなどメリハリのある職場で働かせていただいています。

農業の未来をもっと拡げたい。

営農経済センター
石上 貴紀
(2016年入組 国際食料情報学部 国際農業開発学科卒)

現在はお茶の指導員として働いています。お茶時期になるとお茶の生育調査やお茶の販売なども業務としておこないます。その他にも品評会の企画や参加、試験圃場を使った肥料や農薬の試験、農家さんのところへ直接伺って、経営支援のお手伝いや栽培方針などのアドバイスをおこなっています。昨今のニュースなどを見ると農業によいイメージを持ちにくくなっている方もいるかもしれません。しかし、農業で数十億円の売り上げを実現する組織もあります。これからの時代は、何を作り、どう付加価値をつけるか、またどの様な方法で販路を広げていくのかといった六次産業化について、自分たちで考えることが必要になってくると思います。