JAトピックス

花で癒しを!

2015/02/12 更新

花で癒しを!

 JA大井川花卉協議会ガーベラ部会は13日、バレンタインに合わせ藤枝市駿河台の藤枝市立総合病院にガーベラのモニュメントと花束を贈りました。同部会はフラワーバレンタインを推進しており、花の消費拡大のPRとバレンタインに花を贈る習慣を広め、花で心を癒してもらおうと毎年行っています。
 「LOVEフラワーバレンタイン」のテーマに合わせ、ピンクを主体としたハート型のモニュメントと赤や黄色、ピンクなどを使った花束など、色鮮やかなガーベラ約500本を看護師の代表4人に手渡しました。花を届けた同部会の青島康浩さん(60)は「病院にくる人だけでなく、職員の皆さんにも花を見ることによって疲れを癒し、心を和ませてほしい」と気持ちを込めました。贈られたガーベラは、ロビーに飾られたほか病棟や病室に届けられ、訪れる人の目を楽しませました。

バックナンバー