JAトピックス

たくさんお茶を飲んで元気に育って

2015/05/25 更新

たくさんお茶を飲んで元気に育って

 島田市湯日地区にある鎌塚、下湯日、吹木、湯日第一の4茶農協で組織する湯日銘茶会は25日、市立湯日の湯日小学校へ新茶20kgを贈りました。地元の基幹作物である茶を飲んで児童に元気になってもらい、親しみをもってもらおうと毎年行っています。
 各茶農協の組合長やJA職員4人と、島田市茶業振興協会のキャラクターで茶祖と言われる栄西禅師をモチーフにした「えい茶いくん」が同校を訪れ、同会の増田尚士会長が「今年もよいお茶ができたのでたくさん飲んでください」と児童に新茶を手渡しました。松本紗乃さん(9)は「お茶が好きでいつも飲んでいるので嬉しいです」と児童代表のお礼を述べました。
 贈られた茶は学校の給食時の飲み茶として使用されます。同校の松本貴之校長は「毎年頂いていますが、当たり前のことと思わずに地域の茶農家さんに感謝していただきます」と話しました。

バックナンバー