JAトピックス

高品質メロン出荷始まる

2015/07/03 更新

高品質メロン出荷始まる

 JA大井川メロン研究会が3日、2015年産アールスメロンの出荷を始めました。初日には、焼津市宗高の同JA静浜営農経済センターに11ケース(1㌜10㌔)を持ち込みました。7月15日頃をピークに8月中旬まで600㌜を出荷する予定です。1日の糖度検査では15度以上の糖度も確認でき、生産者は自信を持って出荷調整をしてきました。同会の田中徳秀会長は「今年も糖度が高く、自信を持って出荷できる」と初出荷を喜びました。出荷したメロンは、ファーマーズマーケット「まんさいかん」に並ぶほか、贈答用に注文販売する予定です。
 また、初出荷に合わせ目揃い会を行い、生産者やJA職員10人が参加しました。JA職員が等級や階級、箱詰めの仕方などを説明し、出荷のピークに向けて規格の統一を図りました。

バックナンバー