JAトピックス

クリスマスに合わせ園児にイチゴプレゼント

2015/12/18 更新

クリスマスに合わせ園児にイチゴプレゼント

 静岡県いちご協議会は17日、地元の特産品を子どもたちに知ってもらおうと、藤枝市の学校法人大洲学園大洲幼稚園の園児250人に静岡産いちご「紅ほっぺ」20㌜(1㌜15玉×2パック)を贈りました。イチゴは、15日の「静岡県いちご品評会」に出品されたもので、同会ではクリスマスに合わせたこの時期に県内3カ所の幼稚園に毎年贈っています。
 JA大井川苺部会の川井冨士夫部会長と静岡産イチゴ全体のアピール活動を行う「静岡いちご娘」の中島里奈さん、JA職員など6人が同園を訪れました。サンタクロースの格好をした川井部会長らが園児の代表者6人にイチゴを手渡しました。園児全員からは、「ありがとうございました」とお礼の言葉と、クリスマスの歌のプレゼントがありました。
 川井部会長は「天候不順で苦労したが、手を掛けた分できがいい。子どもたちにおいしいイチゴの味を知ってもらいたい」と話しました。

バックナンバー