JAトピックス

特産の茶を飲んで健康増進へ

2016/09/16 更新

特産の茶を飲んで健康増進へ

JA大井川と藤枝市茶商工業協同組合は16日、市内の高齢者に特産である茶を飲んで元気に過ごしてもらおうと、同市の北村正平市長に茶50㌔とタオルやふきん100枚を贈りました。

同JAの萩原毅代志常務理事と同組合の松田真彦理事長ら5人が同市役所を訪れ、北村市長に市内で生産した煎茶や抹茶入り玄米茶などを手渡しました。萩原常務は「組合員が心を込めて作った茶を味わい健康になってもらいたい」とあいさつ。北村市長は「みなさん毎年喜んでいます。しっかり届けたい」と謝辞を述べたあと、それぞれに感謝状を贈りました。

受け取った茶は、市内の社会福祉法人が運営している施設や介護福祉課の窓口に来た利用者に配られます。

バックナンバー