JAトピックス

JA道央の青年部がJA大井川管内を視察

2017/02/13 更新

JA道央の青年部がJA大井川管内を視察

昨年11月に「友好JA事業連携協定」を結んだ北海道のJA道央の青年部員と職員17人が13日、JA大井川管内の茶畑やJAの施設などの視察に訪れました。

JA道央青年部一行は、JA大井川の果樹林産センターと高糖度トマト集出荷場を見学した後、本店で池谷組合長の講演を受けました。果樹林産センターでは、光センサーによるミカンの選果機を見学し、「JA道央のサツマイモ選果機に似ている」とJA道央管内では栽培されていない作物の選果に驚いていました。講演では、池谷組合長がJA大井川の取組む事業や今後の事業連携の在り方やについて説明し「今日の交流をきっかけに互いの地域がすばらしいものになって欲しい」と話しました。また、青壮年部の永田英樹副委員長の茶園や茶工場の視察を行い、交流を深めました。

バックナンバー