JAトピックス

大豆の種植え始まる

2017/06/22 更新

大豆の種植え始まる

JA大井川女性部藤枝ブロック立花支店食農教育協力員は22日、藤枝市田中の市立西益津小学校で同校の5年生児童やJA職員など約90人と大豆の種を植えた。児童に、大豆を育てて味噌を作る工程を体験してもらい、食の大切さを知ってもらおうと毎年行っている。

児童は、JA職員に味噌や納豆は大豆からできていることや大豆の種の植え方を教えてもらった後、協力員と種を2粒まき土や防鳥ネットをかぶせて水をまいた。今後、児童には、どれぐらい大豆が生長したのか観察してもらい、11月に大豆を収穫し、協力員と一緒に味噌を作る予定です。同支店の木村美津江食農教育協力員代表は「花が咲くまでは水掛けなど管理を充分に行ってほしい」と呼び掛けた。

バックナンバー