JAトピックス

手作り料理で食を学ぶ

2017/07/14 更新

手作り料理で食を学ぶ

JA大井川女性部藤枝ブロックは14日、子どもたちの自立性を育み地域とのつながりを深めるため、藤枝市立藤枝中央小学校がPTA活動の一環として行う通学合宿に参加しました。児童や父兄と一緒に夕食を作って食べ、食に関する知識を楽しく学ぶことを目的としており、同部が数年前から食農教育協力員として参加しています。

藤枝市生涯学習センターで4年生から6年生の児童29人と女性部員16人が管内で採れた野菜を使ったギョウザや「家の光」9月号に掲載される「にこにこおむすび大作戦」に絡め、塩むすび作りをしました。児童は、「タマネギが目にしみたけど楽しかった」と話しました。また、JA職員によるお茶の入れ方も教室を行い、児童にお茶の美味しさを感じてもらいました。

同部の大石小夜子部長は「管内の野菜の旬や安全・安心であることを知り、食を楽しむきっかけになってくれれば嬉しい」と話しました。

 

バックナンバー