JAトピックス

小学生にお茶の魅力発信

2018/01/18 更新

小学生にお茶の魅力発信

JA大井川は18日、子ども達に茶に興味を持ってもらおうと島田市立第一小学校で「お茶の淹れ方教室」を開きました。同JA役職員や女性部員が講師となり、同校6年生の児童79人にお茶の濃さを均等にするための回し注ぎや栄養価を教えました。
職員が、茶を注ぐ順序や量について説明し、児童は、職員から教わったことに注意しながら初めての回し注ぎを体験しました。また、シェイカーを使い氷水出し茶作りにも挑戦し、湯で入れたお茶と飲み比べました。児童は「氷水出し茶の方が、お湯で飲むお茶より甘くておいしい」と驚いた様子で話しました。
教室終了後には、同JAから児童へ卒業記念として急須と茶が贈呈され、児童は笑顔で受け取りました。職員は「今日のように家でもお茶を囲んで、家族団らんを楽しんでください」と話しました。

バックナンバー