JAトピックス

相談で振り込め詐欺防止

2018/01/30 更新

相談で振り込め詐欺防止

JA大井川大村支店は30日、振り込め詐欺を未然に防いだとして、焼津警察署の伊藤悟署長から感謝状を授与されました。
18日、集金先の女性客が「現金を300万円出金したい」と来店しました。窓口担当者が使途を聞いたところ「子どもに分けるため」などとはっきりした答えを得られず、平日に出金することに疑問を持った窓口担当者は役席者に相談しました。役席者が、話を聞いていくと、振り込め詐欺の手口に似ていると感じ、警察に相談した結果特殊詐欺であることが判明しました。
同支店では、日ごろから小切手を活用した特殊詐欺被害防止対策である「預手プラン」に該当しない年齢や金額の出金においても、窓口担当者が一人で判断せずに必ず役席者に相談し、情報の共有に努めています。窓口で応対した長谷川明美さんは「詐欺の手口が巧妙になってきているため、一人で判断せずに相談するということを徹底していきたい」と話しました。

バックナンバー