JAトピックス

甘くておいしいメロンが出揃う

2018/07/04 更新

甘くておいしいメロンが出揃う

JA大井川園芸協議会メロン研究会は、先月29日にメロンを初出荷し、今月中旬には出荷のピークを迎えます。出荷規格を統一して高品質なメロンを生産者に届けようと3日、同JA静浜営農経済センターで出荷目揃え会を開きました。会員やJA職員など13人が集まり、30年度産メロンの出荷規格を確認しました。

JA職員が出荷規格と色や茎の曲がり具合など消費者が求めるメロンについて説明。7月中旬にピークを迎えるアールスメロン「雅」の形状やネットの張り具合などを確認しました。また、同会の田中徳秀会長が「箱詰め時に傷がつかないようメロンを固定するクッションをしっかり詰めましょう」と呼び掛けました。

同会は5人で3000玉以上を出荷する予定。今年度は、天候が良い日が続いたため順調に育ち、全体的に糖度が15~16度と、作年度に比べ1~2度高く甘みが強いです。8月中旬まで同JAファーマーズマーケット「まんさいかん」各店舗に並びます。田中会長は「ピークを前に、みんなでもうひと頑張りして、良いものを作っていきたい」と話しました。

バックナンバー