JAトピックス

詐欺被害を水際で防止

2018/09/25 更新

詐欺被害を水際で防止

JA大井川焼津支店は25日、振り込め詐欺を未然に防いだとして、焼津警察署より感謝状が贈られました。同支店では、静岡県警察の進める「預金小切手等を活用した特殊詐欺被害防止対策プラン」に積極的に取り組み、昨年の6月にも被害を防止しています。

8月下旬に82歳の女性客が、「リフォーム代金として200万円を出金したい」と同支店に電話をしてから来店しました。増田浩明支店長が資金使途を確認するもはっきりせず、息子が現金を取りに来ることも不安に思い、同署へ連絡。署員2人が来店客の息子と連絡を取り、詐欺だと判明しました。増田支店長は「お客様の様子を常に確認し、これからも詐欺被害を未然に防げるように心掛けていきたい」と話しました。

同署の有馬英之署長は「詐欺被害があっても届けない被害者がたくさんいる。泣き寝入りする人を増やさないようお願いしたい」と注意を呼びかけました。

 

バックナンバー