JAトピックス

大学生とコラボ商品販売へ

2019/02/07 更新

大学生とコラボ商品販売へ

JA大井川と静岡産業大学は、若い世代にもお茶に興味を持ってもらおうと、共同で商品を開発しました。同大学の商品企画の授業の一環で、茶商品の企画・販売を通じて地元の茶産業を盛り上げようと、若者向けをテーマに商品開発を進めてきました。
今回販売するのは、「優茶(ゆたかちゃ)」(60㌘)750円(税込)、「注ぐだけ!抹茶ラテ」(13㌘×3)500円(税込)、「あおりん茶」(60㌘)600円(税込)の3種類。学生は3人で1グループとなり、同JA藤枝工場で取り扱う商品をもとに学生が原料を選定し、パッケージをデザインした。若者が気軽に手に取れるよう、パッケージデザインは色使いや使うフォントなど、見た目にこだわりました。「優茶」を企画した同大学2年の加藤優さんは、「開発にあたり、家でもお茶を飲む機会が増えた。こだわりが詰まった商品なのでたくさんの人に飲んでほしい」と話しました。
商品は、同JAが藤枝市の藤枝工場で行う13日から4日間行う大感謝セールで学生自ら数量限定で販売します。同JAの赤堀陽一工場長は「若者ならではの発想がおもしろかった。今回の商品をきっかけに若い世代にもお茶を手に取ってもらえれば」と話しました。

バックナンバー