JAトピックス

島田地域で新茶の取引始まる

2019/04/23 更新

島田地域で新茶の取引始まる

JAおおいがわ管内の島田地域で19日、新茶の初取引が始まりました。島田市の同JA島田支店に生産者や茶商、行政関係者など約200人が集まり、初取引を祝いました。初日は、8口128㌔が上場され、最高値8,700円となりました。

初取引式では、同市茶業振興協会島田支部の石川裕司支部長が「生産から販売までが一体となり、お茶どころ静岡、そして島田を守っていこう」とあいさつ。取引が始まると茶商が茶葉の形状や香りを確認。生産者との商談が成立すると「シャン、シャン、シャン」と威勢のいい手合わせの音が鳴り響きました。JA担当者は「3月下旬から4月上旬の低温で、新芽がじっくり育った。味、香りともに良質の茶が出揃った」と期待を込めました。

同JAでは、22日に金谷地域、23日に藤枝地域、25日に川根地域と初取引が行われます。

バックナンバー