JAトピックス

職員と地域住民に安全意識の向上を

2019/08/27 更新

職員と地域住民に安全意識の向上を

JA大井川役職員会焼津支部は27日、焼津警察署と協力し、焼津市の同JA焼津支店で交通安全啓蒙活動を行いました。同JAでは、全職員が交通安全に対する意識の高揚、交通事故・違反の撲滅を図るため、交通安全講習会や警察署への交通安全宣言書の提出など定期的に行っています。同支部では、職員に加え近隣住民にも交通安全の意識を向上してもらおうと初めて行いました。

当日は、署員や職員が来店客の待ち時間に声をかけ、反射神経や動体視力を確認するクイックアームやクイックキャッチ、自転車シミュレーターによる疑似体験、飲酒ゴーグルをつけた歩行体験を行いました。体験した来店客は、実年齢と反射速度での年齢を見比べ、「思っていた以上に反応できていない。これからより気を付けて生活したい」と話しました。

バックナンバー