今月の野菜

お茶

2016.6月号:お茶

新茶は、その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶のことで、一番茶とも呼ばれます。新茶は、渋み成分であるカテキンや苦み成分であるカフェインが少なく、逆にうま味成分であるテアニンが多く含まれていて、若葉のさわやかで清々しい香りが特徴的です。飲むだけでなく、茶葉のてんぷら、炊き込みご飯、佃煮など茶葉を丸ごと食べるようにするとビタミンEやカロテン、食物繊維などもとることができます。

バックナンバー