今月の野菜

キャベツ

2017.3月号:キャベツ

キャベツに含まれる豊富なビタミンCには、風邪の予防効果、美肌効果、疲労回復効果、がん予防効果などがあります。また、キャベジンともよばれるビタミンUには、粘膜の損傷を治して胃潰瘍や十二指腸潰瘍を予防する働きや、肝臓の解毒作用を助ける働きなどがあり、胃腸薬の成分としても取り入れられています。生で食べるのがビタミン類の補給に効果的ですが、加熱してかさを減らすことも量を多く食べるポイントです。

バックナンバー