今月の野菜

茶

2018.6月号:茶

緑茶は香りが高く、ポリフェノールの一種であるカテキンや風邪予防、美肌効果が期待できるビタミンCが豊富に含まれています。渋み成分であるカテキンは、強い抗酸化作用によって発がんを抑制したり、血管をきれいに保ち、動脈硬化を防ぎます。抗菌作用もあるため、胃炎や胃潰瘍の原因となるヘリコバクターピロリ菌の活動を抑える効果も期待できるといわれています。こまめに茶葉を取り替えて飲みましょう。

バックナンバー