今月の野菜

セルリー

2016.3月号:セルリー

ヨーロッパや西アジア、インドが原産地です。紀元前から薬用やにおい消しなどに利用され、日本へ伝わったのは16世紀末です。独特の香りとシャキシャキとした歯触りが特徴で、サラダやポトフなどの煮込み料理に利用されます。食物繊維やβ-カロテン、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。
茎が太く、肉厚のものを選びましょう。捨ててしまいがちな葉の部分は細かく刻んで佃煮やてんぷらなどに活用しましょう。

バックナンバー