ふるさと散歩道

地域の名所や史跡、自然を再発見!私たちの町にはこんなに素晴しいところがあります。

田中神社

田中神社境内

田中神社

徳川家康の遺訓が刻まれた石碑

田中神社

<藤枝市郡>

2020.3月号

田中神社は、今からおよそ410年前、甲斐の武田信玄が領土の安泰のために田中城を増築し、守護神として宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)を稲荷社に祀まつったことが始まりです。宇迦之御魂神は「お稲荷様」として親しまれ、五穀豊穣や商売繁昌、家運隆盛の神として武家や一般、代々の城主の信仰も厚かったそうです。
その後、明治初期の大改革で旧幕府軍は徳川家康を祭神として権現社に祀り、後に稲荷社と合祀して田中神社と呼ぶようになりました。明治23年に大手2丁目、大正2年には現在の場所に移り、小高い土地と樹木に囲まれて神社の尊厳を維持しています。

MAPを表示

バックナンバー