ニュース&お知らせ 

「施設園芸セーフティネット構築事業」へ加入を希望するみなさまへ

2021/11/05 更新

1.114日(木)の説明会でご説明した、提出資料がダウンロードできます。

 

【提出資料】

●省エネルギー等対策取組計画書(令和3年度事業)【別紙様式第2号】

●年間使用量の計算資料・燃油使用量削減目標算定資料(エクセル)【提出資料12

※計算に用いた資料は5年間の保管義務があります。

 

【提出期限】

令和3年11月12日(金)1200必着

【提出場所】

各営農経済センター担当、園芸・花卉センター、農業経営支援課

 

 

2.説明会での質問事項に回答がありましたのでお知らせします。

 

Q1:既に省エネ設備(ヒートポンプなど)を導入しており、削減に限界がある場合についての対応は?

A1:地域の標準的な使用量または、ヒートポンプ等を設置しなかった場合の燃油使用量をもとに計算し、現状値とすることができます。

 例)ヒートポンプを設置、使用により40%削減できている(と想定される)場合

 実際の使用量    →   HPを設置していなかった場合(0.6で割る)

  1000L            1660

 平均使用量を計算する際に1000Lではなく1660Lを使用し現在の使用量とします。

目標達成の取組手段の省エネ設備導入計画の(参考)欄に「〇年ヒートポンプ導入済み」と記載してください。

いずれにせよ、新規で加入する方には施設園芸省エネルギー生産管理チェックシートに取り組んでいただく必要があります。

 

Q2:すでに循環扇を導入している者が、導入台数を追加することで申請可能か?

A2:可能です。