JAトピックス

幅広い世代へお茶の機能や文化を発信

2019/11/18 更新

幅広い世代へお茶の機能や文化を発信

第73回全国お茶まつり愛知大会実行委員会が16日から2日間、愛知県の西尾市文化会館で「日本茶を世界へ」をテーマに全国お茶まつりを開きました。初日の式典では、第73回全国茶品評会の表彰式が行なわれ、JA大井川からは各部門に10点入賞し、川根本町の川崎好和さんは普通煎茶4㌔の部門で大会長賞に表彰されました。同まつり愛知県大会会長の大村秀章愛知知事は、「入賞されたみなさま、おめでとうございます。緑茶の国内消費が減り、情勢は厳しさを増しているが、幅広い世代へ茶の機能や文化を積極的に発信していくことが重要」とあいさつしました。また、会館ロビーには茶のPRイベントの一環でJA大井川管内の茶も並び、近隣のグラウンドなどでは茶業関連機資材の展示や、西尾市主催の西尾の抹茶博なども行われ、日本茶の魅力を発信しました。

バックナンバー