JAトピックス

JA大井川が全国連にエール

2020/04/17 更新

JA大井川が全国連にエール

JA大井川は17日、新型コロナウイルスが世界中に蔓延し危機的な状況の中、感染者が増加している東京都内に勤務する全国連の職員の不安を少しでも取り除ければとJA全中をはじめ、JA全農、全共連など8か所に深蒸し茶456㌔を送りました。

同JAでは、新型ウイルス感染拡大にともない、抗ウイルス作用があるカテキンを摂取することができるお茶を飲んで免疫力を高めてもらい、この苦しい時代を乗り切ってもらおうと、管内の3市1町や友好JA事業連携協定を結ぶ北海道のJA道央に茶を寄贈してきました。同JAの池谷薫組合長は「人と人、気持ちと気持ちのつながりが大切。まだ管内で新型コロナウイルスが発生していないJA大井川のお茶を飲んで、明るい未来に向けて共にがんばっていきたい」とエールを送った。

phot:お茶を受け取り喜ぶJA全中職員 写真提供:JA全中

バックナンバー