JAトピックス

「うまレタ。」のブランドの地位向上を

2020/08/21 更新

「うまレタ。」のブランドの地位向上を

JA大井川園芸協議会レタス部会が21日、同JA初倉支店で総代会を開きました。例年は生産者全員が集まる総会を開いていたが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため総代会に変更し、各地域の総代とJA職員など40人が参加しました。

総代会では、2019年度の販売実績報告の後、新役員の選任や事業計画など4議案を審議し、原案通り可決しました。同部会では20年度、125人で結球レタス33万㌜(1㌜10㌔)、非結球レタス5万5千㌜(1㌜5㌔)を目標に、出荷量の少ない10月と11月、3月の出荷拡大を図ります。また、品質向上のための夕方集荷を行うことで、高品質なレタスを安定的に出荷し、静岡県レタス「うまレタ。」ブランドの地位を高めていきます。新部会長に選ばれた北川英行会長は、「コロナウイルスや異常気象など厳しい時代ではあるが、生産者とJA、市場が一つになってがんばっていきましょう」と呼びかけました。

バックナンバー