JAトピックス

県内産トマトを使用した新商品を発売

2021/05/25 更新

県内産トマトを使用した新商品を発売

新商品「じっくり煮込んだ手作りトマトピューレ」

JA大井川は、組合員の所得向上を図ろうと、5月24日から、ファーマーズマーケット「まんさいかん」で、市場出荷に適さない規格外のトマトなど100%県内産のトマトを使用した新商品「じっくり煮込んだ手作りトマトピューレ」の販売を始めました。

同商品は、1個(300g入)390円(税込)で販売しています。コロナ禍で料理をする機会が増えていることを受け、幅広い料理に簡単に取り入れてもらえるようにピューレ状にしました。味付けをしていないので素材のうま味をそのまま味わえ、パスタソースやスープなど色々な料理に活用できます。パッケージは、店頭で立てやすく、消費者が手に取りやすいスタンドパック型にしました。

順次、体験型フードパーク「KADODE OOIGAWA(カドデ・オオイガワ)」やインターネットショッピングで販売します。今後は、5JA事業連携を結ぶJAや友好事業連携協定を結ぶJA道央などでの販売に向け販路拡大をめざします。

同JAは、「6次産業化プロジェクト」の一環として、これまでに出荷規格外のトマトを活用した「志太おやじトマトぎゅっとやき肉のタレ」や「トマトまんさいドレッシング」などを販売しています。今後も地元の農作物を使った商品開発を進めていきます。同JA営業企画課の寺坂雅俊課長は「トマトを丸ごと味わえるので、好きな味付けでアレンジして活用してほしい」と話しました。

バックナンバー