JAトピックス

静岡県オリジナル酒造好適米「誉富士」PR動画作成

2021/06/11 更新

静岡県オリジナル酒造好適米「誉富士」PR動画作成

JA大井川焼津酒米研究会は6月10日、静岡県オリジナル酒造好適米「誉富士」のファンや酒蔵、地元住民を招いて毎年開いていたイベントがコロナ禍で中止になったことから、他の方法で米をPRしようと田植えシーズンに合わせて動画作成を始めました。
撮影は、同JA青壮年部の部員に依頼し、完成した動画は同研究会が運営するFacebook「焼津酒米研究会「一粒のリレー」」に更新します。1本目の動画は、同研究会員7人が10アールの水田に集まり「誉富士」の苗を手植えする様子やオリジナルステッカーなどのグッズ紹介をします。2本目以降は、イベントごとに撮影予定で、次回は10月に開く収穫イベントを予定しています。同研究会の梅原利浩会長は「静岡県にしかない酒米をたくさんの人に知ってもらい、「誉富士」の知名度を上げていきたい」と話しました。
同研究会は、2005年から誉富士の栽培を始めました。現在は10人で約40㌶を栽培し、県内シェアの6割を占めます。

バックナンバー