JAトピックス

稲刈りで地元の農業を学ぶ

2021/09/24 更新

稲刈りで地元の農業を学ぶ

JA大井川初倉支店と初倉営農経済センター、同JA女性部島田ブロック食育ボランティアは9月21日、地元の農業を知ってもらおうと島田市立初倉南小学校の5年生61人と稲刈りを行いました。
刈り取りは、JA職員が鎌の使い方や刈り取り時の力の入れ方などの注意事項を説明したあと、児童と手作業で行いました。児童は、5㌃の田んぼの4隅に班ごと別れ、職員や同部員の指導のもと1株ごと鎌で刈り取ると、「たくさん取れて楽しい」と笑顔を見せました。また、残った稲はJA職員がコンバインで刈り取り、普段の農作業の様子を学びました。同センターの樋澤禎行センター長は、「子ども達が興味を持って刈り取りをしてくれた。今後も活動を続けていきたい」と話しました。
稲は、1支店1協同活動と食農教育活動の一環で、児童とともに5月に田植えを行ったものです。収穫した米200㌔は、乾燥や籾摺り、精米などを行い、来年2月に児童と恵方巻にする予定です。

バックナンバー