JAトピックス

除菌機導入で安心できる買い物を

2021/11/18 更新

除菌機導入で安心できる買い物を

JA大井川は11月16日、職員の作業の省力化によるサービスの向上と来店客に安心して買い物を楽しんでもらうため、感染症防止対策として同JAファーマーズマーケット「まんさいかん」全店に買い物カゴ除菌機を導入しました。
同直売所は、藤枝や焼津、静浜、島田の4店舗で1日3,000人以上の来客があります。普段から感性症防止対策として、パート職員が手作業でアルコール除菌していて、作業負担が大きかったのですが、除菌機を導入したことで、5分15カゴが40カゴ除菌できるようになりました。
同直売所藤枝店では、宮下俊亮店長が40カゴを除菌機に入れ、ミスト除菌をしました。宮下店長は「職員の作業負担が減ることで、より良いサービスにつなげたい」と話します。同JAの営農経済部山本芳照部次長は「多くのお客様に地元の新鮮な野菜を食べてもらうため、しっかりとした感染症防止対策を行い、安全な店舗づくりをしていく」と話しました。
除菌機は、FUJIdenoloが製造する買い物カゴ除菌機「ミスト除菌ブースシステム」です。抗酸化ドリンクなどに使われる100%天然由来成分の除菌液をブース内にミスト状に噴射して、カゴについた新型コロナウイルスやノロウイルスやO157、カビ菌などを99.9%除菌します。共済連の補助金「JA共済地域・農業活性化促進助成金」を活用して導入しました。

バックナンバー