今月の野菜

茶

2021.6月号:茶

茶はツバキ科のチャノキを原料とし、発酵度合いによって不発酵茶、半発酵茶、発酵茶に分けられ、緑茶は不発酵茶の代表です。緑茶にはいろいろな種類のカテキンが含まれ、その中でもエピガロカテキンガレートが多く、抗酸化作用や発がん抑制作用、免疫機能を高める効果などが期待されています。
茶葉をそのまま料理に使って、飲むだけでは摂取できない脂溶性ビタミンや食物繊維などの栄養素を上手に取り入れましょう。

バックナンバー